Month: 4月 2017

今の生活をどうにかしたいと思う事について

仕事を辞めてからもうすぐ3年が経とうとしています。子供も2歳になって子育てにもだいぶ余裕が出てきました。そこで気になるのが今の生活。
朝は旦那と一緒に起床。見送った後は2度寝しなければ洗濯、昨夜子供が散らかしたおもちゃなど片づけて朝食をとりながら今日1日のスケジュールを立てます。
スーパーのチラシを見ながら予定を組んで用意しておでかけ。お昼までに戻ってこれたらお昼ご飯を食べて一緒にお昼寝。実家に行った場合はひたすらゴロゴロ。
夕方、子供向け番組を見せながら夕飯の支度、お風呂、子どもの寝かしつけ、パソコンで仕事、旦那帰宅、就寝…といった感じです。
ものすごくのんびりしていて充実していて結婚する前から望んでいた生活なのに…どうもこのままじゃいけないと感じています。
自分に甘いのでゴロゴロ出来る日は1日ゴロゴロしてしまう。おかげで体重も増え続け過去最高記録を更新しました。
ダイエット&お金稼ぎのためになにか仕事をしたいのですがなかなか重い体が動かない今日この頃です。

ド忘れは色々な正式で回答が書かれてますが

自分はド忘れが低いのですが、それほど本屋には甚だしく多数、ど忘れの小説がありますよね。脳学者の茂木ちゃんのだったり。でもそんな小説なんか読んでもちっともド忘れは治らないし、なんの影響もないですよね。ありゃ、まやかしですよ。書いた本人はじゃあド忘れなんか止めるのって言いたくなりますよ。ぜったいあると思うんですよね。二階に来て、これ何受け取りに来たんだっけっていうのは常連ですが、これについては、元にたどって思い出せば嬉しいなんて書いてありましたが、そういった簡単にできるわけないですし、そういった状態でない件はじゃあどうすればいいのって話ですよね。例えば、パーソンと話してて、とあるナンバーワンのことを話そうとして人名が出てこないなんていう件。これなんか、元にたどるとかの言葉じゃないですよね。言い方がひどく多いですよね、ド忘れって。ふとしたときに現れるのに、パーソンと話してて必要なときに出てこないというのをなくしたいけど、これはそんな小説読んで解決できる結果はないですね。

畑ビジネスを経て補強を遂げたS・Kの華麗な投球

 木造のプレハブ小屋の周辺には木片やバカになった釘やネジなどが其処陣中に散乱やる。工事の跡だろうか。妙に生々しかった。
 S・Kが自転車位置のすぐ奥にある物置小屋からグローブと野球ボールを見つけ出してきた。こうした短時間でぐっすり瞳聡く現れるものだ。
「あそこ、虎の子の山々っすよ」
「コレ、俺にはどうかな」
 グローブはいよいよ嵌めてみるとボリュームが少なく、土手から掌中がはみ出してしまっていた。俺は手狭ミットで、一体どこにあんな余力が残っていたのか疑わしいほど、これでもかこれでもかとつぎつぎに投げつけて訪れるS・Kの剛速球を受け続けた。マメの潰れた場所はもはや理解がない。感触では時速九十寸法間近い火の玉を受けているうちに、私の左側は赤く腫れ上がって出向く。それにしてもS・Kは実に筋が良さそうな投球構図をやる。
 広間の扉戸からT・Mが顔を覗かせている。
「再び入ってモウマンタイぞ」
 T・Mの話し掛けなどどちら吹く風の音とばかりに健二はさっぱり俺に向かって投球し続け、交流を止めようとはしてくれなかった。

久々に晴れたから、願わくは元気が出るものだね

土砂降りが常に続いていて、内部も水気でどんよりしていて、何をするわけでもないのに疲れてしまっていました。
日本晴れ見通しが出ていても、なぜか雷雨になったり、曇りのとおり過ぎてしまい、カラッとしたお天道様は1週のうちに一年中あるかどうか。

そういった連日が続いていたうち、数日ぶりにとうとう晴れた今回。
大物も洗えたり、布団も干せた。
洗濯賜物もたくさんあったけど、なんとか干しましたよ。
乾かす場所の都合上、総合を洗えたわけではないのだけど、ほとんどの洗濯賜物が洗えました。

あすも晴れてくれたら、靴を洗って干したいところですな。
ゴミ箱も洗いたいしね。
窓ガラスは、雨上がりに保全をしたので、おかげさまできれいになった。

夏場こそ、大保全だわ。
水を扱うのもレジスタンスがないし、寒くないので身体ははたらくし、塵芥を投げにいくのもレジスタンスがないし。
時節の変わり目に本当に大がかりに掃除をするのだけど、冬場よりも夏場のほうがバンバンはかどるので、
冬に陥る前に大がかりに進めて、引き続き現状維持を持ち、年の暮れにちょっと手をかける感じでいいんじゃないかな。

お日様が出ているだけで、行動的になるのは請け合いので、日本晴れのキッカケを逃さないようにしていますわ。
保全とケアが進んで、キレイになれば、再度元気になるしね!

べビー用のドーナツ枕って自分で作れるのかなって思いました

ベビー用にと思ってドーナツ枕をキルトで作ろうと思ったのですがなかなか作り方を載せている本とかも無いので、実際に1個ベビー用ドーナツ枕を買って来てそのサイズを見ながら適当に作ってみようかなと思っています。実際に売っているのを買ってみると結構丸いクッションの真ん中に綿なしという感じだけなので別にこれなら自分でも何個か作れるかもって思いました。1個は買って持っておくと自分で作る参考にもなるし、もしも自分で作れたら結構オリジナルの枕もたくさん出来上がるし、洗い替えとかにも出来るかもと思っています。せっかく何か作るならやっぱり毎日使うものとか必要なものを作った方が経財的にも助かるのでドーナツ枕でも作ってみようかなって思っています。かわいいのが出来るといいけれど、初めてでもやってみないと出来るかどうか分からないし、作ってみないより作ってみた方が良いかなって思うので、これから頑張ってオリジナルでベビー用のドーナツ枕でも作ってみるつもりです。

胸中で報道整理できないうえ、メモすらとれない奴

私も若い頃はなんでも心で覚えていましたが、年をとってきて忘れっぽくなってからは、些細な目的でもできるだけ思い出に取るようにしました。
ダイアリーにだらだら書き込んでいると、旦那や親兄妹たちに「そんなことまで逐一書いているの?」なんて言われますが無視。
で、みんなが「それって何時だったっけ〜」なんて言ってる品なら、すぐさまダイアリーをとりだし、正確な日時を伝えます。
心でなんでも経験できるインテリジェンスに恵まれたヒトなんてごくわずかなんですから、自分には憶えきれなそんなふうにと思ったら、諦めて気楽機材を活用すればいいんです。
さて一方、うちの旦那やこどもは、心で通信整理するのが嫌悪だ。
そのくせ思い出もとらず、ヒトが騒がしく言うと「覚えたから大丈夫」とのたまうんです。
とても覚えていないくせに。
それにしても、思い出も取れないヒトはしっかり取れないんですよね。
うちの子になんていよいよ3冊ぐらいメモ買ってあげましたが、無理強い思い出ら弱い。
書くことも苦手なのでダメですね。
仕方ないので、自分が思い出したりPCで打ってプリントアウトしたものを渡してある。
譲り渡した思い出をなくさなければ、多分一先ず目的を覚えてられます。なくさなければ(汗)キレイモ vio

女性の知恵を商品開発分野に生かせたらと思いますね

昨日は寒く風も強かったので,全国の桜も散ってしまったかなと心配していましたが,まだがんばって咲き続けているようです。
夜のニュースで目黒川の花見客が前日までと違ってとても少ない様子を放送していましたが,面白かったのは中年女性がインタビューで傘をさしながら桜を見れるように,透明な傘をさしてきたと答えていた事です。
確かに透明ならば,上を見上げても透けて見る事が出来ますね。
人間には色々な発想をする人がいて,特に女性は知恵が働きしたたかだなと改めて感心しました。
私も愛用していますが,雪国での除雪に使ういわゆるママさんダンプという道具はとても便利な物で,除雪の負担を軽減させた画期的な商品だと思います。開発には女性の意見が取り入れられたのかもしれません。
台所で何気なく使っている道具で女性が発明した物も多いようで,女性の感性と発想の豊かさを社会に生かさない手はありません。
男女共同参加社会の実現において,女性の社会進出をフォローする施策が出ていますが,出社だけではなく女性の在宅作業を可能にする商品開発分野の仕事に目を向ける企業が増えるといいなと,透明な傘を使う花見を見て感じました。

先ず成功すればもうあとは楽なんですよね。

ボクは沢山のマガジンを読んでいるのですが、ホリエモン君は本当にあちこちで出ていて、書物もぐっすり出されていますが、人達観光をしていますね。核してからほんと、あち素行観光に出てますね。そして色々なことをチャレンジしてますね。すごい生活を謳歌している感じです。2年齢と少し、拘束されていて自由を奪われていたのを挽回でもするかのように、自由気ままに色々なことをなされてますね。これもお金があるからこそですよね。もうだって旦那は天命働かなくてもすばらしいぐらい蓄えがあるそうですし。いいですよね。しばしば旦那の書物を掴むとより醍醐味を済ませろなんて書かれてますけど、ボクなんかみたいな大衆があち素行海外旅して、トライアスロンしてライザップしてなんてできるわけないですよ。その日その日の必要で精一杯だし、売上自体があまりちがうんですから。ほんとうらやましいし、一度成功するとこうですなと思います。再び書物を出せば売り払えるし、おやいいなあとしか思えないですね。