今日、久しぶりに映画「ドラミ&ドラえもんズ ロボット学校七不思議!?」を見ました。
およそ30分の短い映画と言うことが信じられないくらいには質の高い内容だと思っています。個人的に。
主役のドラミちゃんとキッドの関係が絶妙なんです。ロマンスの足音が聞こえる。ピンチに立ち向かう中で縮まる二人の距離が非常にエモいです。
作品の舞台はロボット養成学校。ドラミちゃんの卒業式が間近に迫ったある日、学校内で働いているロボットたちが突然暴走を始めます。
ドラえもんはロボットに捕まり、ドラミちゃんも秘密道具をなくして大ピンチ。そこへ駆けつけたのがドラえもんの親友、ドラえもんズのメンバーたちです。
襲い来る暴走ロボットを次々と退けるドラえもんズ。そして自然と深まるドラミちゃんとキッドの関係。
キッドったら全く照れもせずに「オメェだけは絶対守り通す!」みたいなことを言うんです。
これはドラミちゃんがときめくのも無理ないですよ。映画を見てるだけの私ですらときめくんですから。
物語のラストでは、両想いになった風のドラミちゃんとキッドの様子が映されます。もうハチャメチャに微笑ましいです。
1996年公開の古い映画ですけど、少しでも興味があれば是非見て欲しいです。ドラえもんらしからぬ少女漫画のような甘い空気を味わえますよ。